TOPへ 初めての方へ ご利用ガイド カートをみる マイページへログイン お問い合せ
RSS
シンスキンケアシリーズやぎゅうしんごの宝箱 TOP
  • カテゴリー大人気商品
  • カテゴリー大人気商品

冬だからこそ、お庭でバードウォッチング!!ネイチャーガイド 海藤さんの手作りエサ台

海藤さんエサ台 バナー

 

雪が舞い始める12月初旬。
八ヶ岳の森には長く静かな冬が到来します。


木々の葉が落ち、野鳥たちの好物の木の実や昆虫の姿を見かけなくなるこの時期、
八ヶ岳倶楽部では、彼らが無事に冬を越せるように想いを込めて
冬の間だけ、エサ台を置くのを昔からの習慣としています。


今回は、八ヶ岳倶楽部でも実際に使われているエサ台をご紹介♪



海藤さんエサ台 イメージ


このエサ台、八ヶ岳の清里高原でネイチャーガイドをされている海藤さんの手作り(^^
森の温かみを感じるデザインは、八ヶ岳の山々で動植物の楽しさを伝えている海藤さんならではですね。
そして、八ヶ岳倶楽部の為だけに作っていただいているオリジナルの商品です。


「自然と調和するように、シンプルだけど飽きのこないデザインを心掛けて作っています。」と海藤さん。

森のお店である八ヶ岳倶楽部にもピッタリなエサ台です(^^
長い冬の間、シジュウカラ、ヤマガラ、ウソ、アトリ等々
とても多くの野鳥たちがエサ台に集まり、お客様やスタッフの目を楽しませてくれています♪

自然いっぱいな森に行かないと野鳥がいないとお思いの方もご安心を。
実は都会でもシジュウカラ、カワラヒワをはじめ多くの野鳥が生息しています。


海藤さんエサ台 イメージ


使用している木材は、モミの木の間伐材。
森を健やかに保つために伐採された木材なので環境にもとっても優しいです。



そして、カラーは屋根の色が違うグリーン、オレンジ、ブラウンの3色。
柔らかな印象のモミ材に優しい風合いのオイルステインで着色してあります。


置いても、吊るしても使えます。
木の側などに置くと野鳥も来やすいみたいですよ♪
エサは市販されているヒマワリの種が比較的安価で入手しやすくお手軽です。

海藤さんエサ台 イメージ

この冬、お庭やベランダで
のんびりバードウォッチングしてみてはいかがでしょうか?
自然をぐっと身近に感じられ、きっと心身ともにリフレッシュできますよ〜(^^




※ヒマワリの種(小800g 500円+税)も販売しております。
 ご希望の方はオプションよりお選びください。。



■ お客様の声

おすすめ度  星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 秋色あじさい様 2016-03-26
改造中の庭に置いてみたくて求めました。
自然に溶け込むような素朴な優しい色で、一目で気に入りました。まだ、庭に置けなくて、でも仕事部屋に飾って?楽しんでます。
おすすめ度  星1つ星1つ星1つ星なし星なし ママ様 2014-12-12
迅速な対応ありがとうございます。
エサ台は早速、木に吊り下げ野鳥の訪れを待っています。
ただ、ワイヤーが細く強風の日は心配になります。
おすすめ度  星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 柳井美恵様 2014-12-11
丁寧に梱包して送ってくださいました。
期待通りの可愛い餌台て気に入っています。

>>この商品の全てのレビューを見る

冬だからこそ、お庭でバードウォッチング!!ネイチャーガイド 海藤さんの手作りエサ台

価格:

4,000円 (税抜 3,703円)

[ポイント還元 40ポイント〜]
カラー:
エサ台オプション:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星半分 4.7 (6件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

海藤さんエサ台 イメージ


 

製作者:
海藤 裕(清里ネイチャーガイドクラブ)

サイズ:
【エサ台】 
正面横幅約125mm×サイド奥行約155mm×高さ約265mm
【ワイヤー部分】
約190mm

材料: 
モミの間伐材、アクリル板


【 使用上の注意 】
*屋外使用の為、毎年自然に塗装が退色していきます。
 5年ほどは塗り直さなくても大丈夫ですが、
 退色が気になる場合は「オイルステイン」で塗り替えてください。
 (ペンキやニスでの塗装は木が腐りやすくなるので、避けてください。)
*設置の際、ワイヤーで手を傷つけないようにご注意ください。
*エサはペットショップやホームセンターで販売しているエサ用のヒマワリの種などをご使用ください。
*モニタ・写真等により作品の色が異なって見える場合がございます。


【 エサ台設置の上の注意点 】
・エサ台でエサを与える時期は冬季限定とします。地域によっても多少異なりますが、
 おおむね11月〜4月頃までです。というのも、野鳥の多くは春から夏の子育ての期間、
 昆虫などそれぞれの種に適した動物質のエサを主食にしており、
 不適切な栄養成分のエサを与えられるヒナは健康に育つことができなくなります。
・エサは一旦やり始めたら気まぐれに止めないでください。
 春まで補充しながらやり続けなければ、食物のある場所だと認識した野鳥たちを困惑させる原因になります。
・野鳥たちの健康のためにも、エサの食べ残しやフンが溜まったままにならないよう
 清潔にエサ台は清潔に保ちましょう。
 そのまま放置しておくといろいろな細菌が増え、野鳥たちが食中毒で死んでしまう恐れがあります。
 掃除は定期的に行い、エサが傷んでいないか気を付けましょう。掃除の後は必ず手を石鹸で洗ってください。


この商品を見た人は、こんな商品もチェックしています。